ピックアップコンテンツ

骨を伸ばす再生医療"イリザロフ法"

2011年03月31日

整形外科ではイリザロフ法という骨延長術を行っています。これは骨を伸ばす「再生医療」で病気や骨折のために骨が変形した患者さんや、左右の脚の長さが異なる患者さんに対して骨を伸ばしたり変形を治したりする手術法です。

実際にイリザロフ法ではどのように骨を伸ばすのかというと、手術によって骨を切り、イリザロフ創外固定器という器械を脚に取り付けて、手術後から徐々に骨を延ばしていきます。

骨延長術の概念図
骨延長術の概念図

骨折が治るときは骨折した部分に仮骨(カコツ)と呼ばれる柔らかい骨が形成されて徐々に硬い骨へ変化して骨折は治ります。
この仮骨が柔らかいあいだに骨折部を引っ張ることにより骨を徐々に伸ばすことができます。
骨を伸ばす方向を自由に変えることにより変形した骨をまっすぐに治すこともできます。

当院では骨延長や変形矯正だけではなく、従来の方法では治療が難しかった粉砕骨折、骨髄炎、感染性偽関節に対してもイリザロフ法を用いて最善の治療を行っています。

治療前
治療前

治療後
治療後

大同病院 代表電話 052-611-6261

診療予約をご希望の方

052-611-6265
【当日受診の予約】
8:30~11:30
【翌日以降受診の予約】
11:30~17:00
診療受付のご案内はこちら 外来担当医表・休診情報

予防接種をご希望の方

052-611-8650
【予約受付時間】
当日予約
8:30~11:30
翌日以降の予約
13:00~17:00
予防接種のご案内はこちら

健康診断をご希望の方

052-611-8680
【予約受付時間】
8:30~17:00
健康診断のご案内はこちら

救急受付24時間365日

場所
B棟1階(東玄関を直進後、B棟に入って右へ)
救急受付のご案内はこちら
ページの先頭に戻る