診療科目・医療体制

総合内科

勤務医師

診療責任医師  小鹿医師

小鹿幸生医師

所属学会 日本内科学会、日本神経学会、日本神経化学会、日本老年医学会、日本神経治療学会、日本神経感染症学会
資格 日本内科学会認定総合内科専門医・指導医、日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
公職・その他 名古屋市立大学名誉教授、日本内科学会名誉会員、日本内科学会東海地方会名誉会員、日本神経学会功労会員、日本神経化学会評議員、日本老年医学会代議員、日本神経治療学会評議員
専門領域 内科疾患全般、神経内科疾患全般、認知機能障害性疾患、神経・筋難病疾患、遺伝性疾患、アレルギー疾患

スタッフ

  • 消化器内科兼務:野々垣医師、柳瀬医師、水野医師、金沢医師
  • 循環器内科兼務:鳥谷医師
  • 膠原病・リウマチ内科兼務:土師医師、渡辺医師、竹本

診療概要

診療体制

当科では年間約300名の入院患者があります。研修医、指導医の2人体制で主治医を担当し、定期的なカンファレンスを通して診断、治療について確認するチーム医療体制をとっています。

治療方針

内科疾患の細分化や専門化により、プライマリ・ケアの重要性が注目されています、当科では、各臓器にまたがるような複雑な病態に対して、疾患を総合的に治療するため、それぞれの専門内科とも協力して診断・治療にあたっています。

得意分野

各専門内科には分類できないような、不明熱、感染症、電解質異常、薬物中毒などを主な疾患として対応しています。また、高齢化社会を迎え多臓器にわたる疾患を抱えている場合にも、各専門内科の協力を得て診療に当たっています。

研修内容

当科では、研修医1年目、2年目が指導医のもと主治医として積極的に診断・治療に関与しています。外部講師を招いた勉強会で、症例呈示を行うことによりプレゼンテーション能力の向上を図っています。

院内カンファランス

  • 院内では、症例検討会を毎週開いています。
  • New England Journal of Medicineの抄読会を毎週木曜日に開催しています。
  • 毎月、外部講師を招き、定期的な勉強会を行っています。
  • 外人講師を招き、英語のプレゼンテーション、ディスカッションを行っています。

臨床指標

年間症例数 (外来患者を除く)

取扱い症例2012年度2013年度2014年度
腎臓または尿路の感染症 47 54 75
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 12 20 32
体液量減少症 12 25 24
前庭機能障害 13 16 28
脳梗塞 10 10 4
薬物中毒 13 6 11
敗血症 9 7 13
心不全 4 2 1
播種性血管内凝固症候群 6  6 6
高血圧性疾患 1 2 2
ページの先頭に戻る