診療科目・医療体制

消化器内科

消化器内科におきましては内視鏡内科を含んでおります

消化器内科では、安全(Safety)・迅速(Speedy)・確実(Steady)な3S医療を24時間365日提供できるよう、断らない医療を実践しています。
東海地区でも有数の豊富な内視鏡検査・治療実績があり、昼夜問わず、迅速な対応に心がけています。
検査数のみならず、拡大内視鏡を使用した正確な診断、早期がんにおける内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、超音波内視鏡を使用した胆管ドレナージ、術後腸管の胆膵疾患に対するダブルバルーン内視鏡治療など高度かつ最新の内視鏡診断・治療に積極的に取り組んでいます。
名古屋大学消化器内科医局との密な連携により、各専門領域(肝、胆・膵、消化管)のスペシャリストが診断・治療に携わっており、小腸・大腸カプセル内視鏡についても積極的に取り組んでいます。
内視鏡センターでは最新の機器を整え、患者さまの希望に応じて鎮静・鎮痛剤を使用し、患者に優しい医療を実践しています。内視鏡検査は、土曜日を含め、ほぼ待ち時間なく迅速な予約が可能となっています。
また、多くの学会発表活動を行っており、臨床のみならず教育、学術活動にも積極的に取り組んでいます。日本消化器病学会、日本内視鏡学会、日本胆道学会、日本超音波学会、日本肝臓学会(申請中)の認定施設です。

担当医紹介

理事,副院長,主任部長  野々垣浩二

野々垣医師
所属学会 日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本超音波医学会、日本癌治療学会、日本胆道学会、日本膵臓学会、日本肝臓学会、国際膵臓学会、日本カプセル内視鏡学会、日本消化管学会
資格 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会認定専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医、日本超音波医学会認定専門医・指導医(消化器)、日本胆道学会認定指導医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本消化管学会認定胃腸科専門医
公職・その他 名古屋大学医学部臨床准教授、日本消化器病学会東海支部会評議員、日本消化器内視鏡学会東海支部会評議員、日本超音波医学会中部地方会運営委員、日本カプセル内視鏡学会代議員、日本超音波医学会代議員
専門領域 消化器疾患全般、膵胆道領域の診断・治療

理事  印牧直人

印牧医師
所属学会・学会役員 日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本超音波医学会、日本消化器がん検診学会、日本膵臓学会
資格 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会認定専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会認定専門医・指導医、日本超音波医学会認定専門医・指導医、日本消化器がん検診学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
公職・その他 名古屋大学医学部臨床講師、日本消化器病学会東海地方会評議員、日本消化器内視鏡学会評議員
専門領域 消化器疾患全般、膵胆道領域の診断・治療

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
菊池正和
医長 
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会 
日本内科学会認定内科医 消化器全般
下郷友弥
医長
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本内科学会
日本大腸肛門病学会
日本カプセル内視鏡学会
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本肝臓学会認定専門医
日本内科学会認定内科医
消化器全般
榊原聡介
医長
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会
日本内科学会認定内科医  消化器全般
宜保憲明
医師
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会
日本超音波医学会
日本胆道学会
日本膵臓学会
日本肝臓学会
国際膵臓学会 
日本超音波医学会認定専門医
日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医 
消化器全般
南正史
医師
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会 
  消化器全般 
柳瀬成希
医師 
日本内科学会
日本消化器病学会 
  消化器全般
水野創太
医師 
日本内科学会
日本消化器病学会 
日本内科学会認定内科医 消化器全般
金沢哲広
医師 
日本消化器病学会   消化器全般
白水将憲
医師
日本内科学会   消化器全般
田島万莉
医師 
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本カプセル内視鏡学会 
  消化器全般
岡田孝之
非常勤医師
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会
日本超音波医学会
日本消化器内視鏡学会専門医 消化器全般

診療概要

診療体制

内視鏡診断・治療を中心とした診療を行っています。
内視鏡センターのご案内
内視鏡センターからのお知らせ

取扱い症例2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度
1日平均外来患者数 87 94 104 109 119
1日平均入院患者数 34 31 33 32 32

 内視鏡検査数とその内訳

検査件数2012年度2013年度2014年度2015年度
内視鏡検査件数(合計) 7,098 8,185 10,009 12,563
上部消化管検査 4,029 4,775 5,627 7,117
下部消化管検査 2,070 2,475 2,363 2,840
内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)検査 188 208 357 542
超音波内視鏡(EUS)検査
(うち、[EUS,EUS-FNA])
275
[248,27]
280
[256,24]
346
[305,41]
381
[341,40]
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 35 44 69 111
カプセル内視鏡検査
(うち、[小腸,大腸])
15
[15,0]
37
[23,14]
41
[29,12]
胃瘻(PEG)造設 30 34 41 55
緊急内視鏡検査 41 171
小腸ダブルバルーン内視鏡 3 8 13 43

治療方針

週2回のスタッフ全員によるカンファレンスを通じ、チームで治療方針を決定しています。手術適応については、毎週外科との合同検討会で決定しています。
セカンドオピニオンについても希望に応じて対応可能です。

得意分野

早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術は、臓器を問わず豊富な治療実績があります。
膵胆道領域に関しては、超音波内視鏡を積極的に施行し正確な診断に努めています。
超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)では、迅速細胞診を行い高い正診率を得ています。超音波内視鏡を使用した胆管ドレナージ、術後腸管の胆膵疾患に対するダブルバルーン内視鏡治療など高度かつ最新の治療に積極的に取り組んでいます。

対象疾患

上部消化管疾患

逆流性食道炎、胃十二指腸潰瘍、食道癌、胃癌、食道アカラシア、食道狭窄、食道胃静脈瘤など。
消化管出血に対する緊急内視鏡は24時間365日対応しています。

肝臓疾患

急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝癌、原発性胆汁性肝硬変症、肝性脳症など。
肝炎疾患に対する最新の治療に対応しています。
肝癌の治療については、ラジオ波焼灼術、TACE(肝動脈化学塞栓術)を積極的に行っています。

膵胆道疾患

胆石症、胆道拡張症、胆道狭窄、胆道癌、膵癌、急性膵炎、慢性膵炎など。
超音波内視鏡による正確な診断を行っています。胆管炎については、夜間においても積極的に緊急内視鏡対応しています。

下部消化管疾患

潰瘍性大腸炎、過敏性腸炎、クローン病、大腸ポリープ、大腸癌など。
診断においては、小腸・大腸カプセル内視鏡、ダブルバルーン内視鏡、治療においては生物学的製剤についても豊富な経験があります。
大腸ポリープ切除は日帰り手術を対応しています。

先進的な検査・取り組み

上部消化管内視鏡検査

ハイビジョン内視鏡で、高画質画像で正確な診断に取り組んでいます。希望に応じて、鎮静剤使用下の苦痛のない検査、鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡検査)に対応しています。

下部消化管内視鏡検査

拡大内視鏡を使用した正確な診断に取り組んでいます。ポリープは可能な限り、日帰り手術で対応しています。

超音波内視鏡検査

食道がん、胃がんなどの深達度診断、粘膜下腫瘍の質的診断、膵胆道疾患の診断で積極的に行っています。リンパ節の良悪性診断、粘膜下腫瘍、診断が困難な膵疾患に対する超音波内視鏡下吸引細胞診(EUS-FNA)は豊富な経験があり、正確な組織診断に取り組んでいます。また、最近では、超音波内視鏡を使用した胆管ドレナージなど先進的な治療を行っています。

内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)

膵胆道病変の診断のため十二指腸乳頭部より細いカテーテルを膵管あるいは胆管に挿入して造影します。胆管内に結石を認めた場合は、乳頭部を切開(EST)して結石を内視鏡的に除去します。胆管に狭窄を認めた場合にはドレナージチューブを内視鏡的に挿入して治療(EBD)を行います。

造影超音波検査

肝腫瘍に対して超音波造影剤を投与することにより、正確な画像診断に取り組んでいます。

消化管悪性腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

食道、胃、十二指腸、大腸すべての臓器に対して、正確な深達度診断のもと積極的に取り組んでいます。

ダブルバルーン内視鏡

ダブルバルーン内視鏡を利用して診断困難であった小腸疾患の正確な診断に取り組んでいます。また、術後腸管に対する膵胆道疾患に対してダブルバルーン内視鏡を利用して可能な限り内視鏡的治療で対応しています。

ラジオ波焼灼療法(RFA)

肝癌に対して超音波映像下に腫瘍を針で穿刺してラジオ波で焼灼治療します。

研修内容

学生実習プログラム、初期研修医プログラム、後期研修医プログラムのもと、それぞれのレベルにあわせた研修を行っています。内視鏡検査が豊富であり、初期研修医、後期研修医とも十分な経験を積むことができるよう指導しています。

病診連携

かかりつけ医の先生方と密接に連絡をとりあいながら検査、治療を行っています。

院内カンファランス

週2回の消化器内科症例検討会ではスタッフ全員で入院患者の治療方針を検討しています。
手術適応については週1回、外科との合同カンファレンスを開いています。
また、術後症例について、病理医と病理カンファレンスを開催しています。

臨床指標

年間症例数

取扱い症例2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度
胃の悪性腫瘍 75 65 76 88 102
胆管(肝内外)結石、胆管炎 73 72 78 74 105
肝・肝内胆管の悪性腫瘍 53 61 71 49 70
腸閉塞 73 56 52 64 58
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄 57 49 70 65 72
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症 38 41 61 57 48
肝硬変 41 48 40 39 43
ウイルス性腸炎 39 43 40 52 38
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 47 33 36 54 24
虚血性腸炎 19 20 32 37 39
ページの先頭に戻る