診療科目・医療体制

消化器・一般外科

腹腔鏡手術消化器がん、胆石症や鼠経ヘルニア、痔核などの良性疾患、さらには胆嚢炎や虫垂炎、腹膜炎といった緊急手術を要する疾患まで、幅広く、より高い水準を目指して診療しています。患者さまに十分なインフォームドコンセント(説明、情報提供)を行い、安心して十分満足のできる治療を受けていただけるよう努めています。
また、より侵襲の少ない腹腔鏡・胸腔鏡手術を積極的に取り入れ、長期の入院が困難な患者さんへは、日帰り手術や、1泊2日、週末2泊3日入院での手術など、患者さまのニーズにお応えできるよう努力しています。胆のう結石の腹腔鏡手術や鼠径ヘルニア手術(成人・小児)、肛門疾患手術(痔核・痔ろうなど)、甲状腺疾患手術などでは術後早期の退院が可能です。入院日数に関しては担当医にご相談ください。

担当医紹介

消化器・一般外科部長,乳腺外科部長,小児外科部長,内視鏡外科手術(小さなキズあとの手術)センター長  渡邉克隆

渡邊克隆医師
所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本乳癌学会、日本大腸肛門病学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床外科学会、日本緩和医療学会
資格 日本外科学会認定外科指導医・専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科指導医・専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本乳癌学会認定医
専門領域 一般外科、消化器外科、肛門外科、乳腺外科

名誉院長  小谷勝祥

所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会
資格 日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本医師会認定産業医
公職・その他 名古屋大学医学部臨床教授
専門領域 消化器外科、一般外科

理事長,だいどうクリニック院長 宇野雄祐

所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本胆道学会、日本腹部救急医学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本静脈経腸栄養学会、日本救急医学会、日本外傷学会、日本外科感染症学会、日本Acute Care Surgery学会
資格 日本外科学会認定外科指導医・専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科指導医・専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡指導医・専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本乳癌学会認定医、日本胆道学会認定指導医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、ICD制度協議会認定ICD
公職・その他 名古屋大学医学部臨床教授、藤田保健衛生大学大学院保健学研究科客員教授、日本肝胆膵外科学会評議員、東海外科学会評議員
専門領域 消化器外科、一般外科、乳腺外科

部長 三宅隆史

所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本胆肝膵外科学会、日本大腸肛門病学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器病学会、日本臨床外科学会、日本腹部救急医学会
資格 日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本医師会認定産業医
公職・その他 日本肝胆膵外科学会評議員
専門領域 消化器外科、一般外科、乳腺外科

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
倉部亜由美
医師
日本外科学会
日本胸部外科学会
日本内視鏡外科学会
日本呼吸器外科学会
日本臨床外科学会
日本肺癌学会
日本外科学会認定外科専門医 呼吸器外科
一般外科
中島悠
医師
日本外科学会
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本乳癌学会
日本外科学会認定外科専門医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ
読影認定医
一般外科

一般外科

成人および、小児鼠径ヘルニア(脱腸)、肛門疾患(痔核、痔ろう)、甲状腺疾患、皮下腫瘍などの手術療法、また一般的な外傷に対する治療を行っています。

消化器外科

消化器外科では、食道、胃、小腸、大腸(結腸、直腸)、肝臓、膵臓、胆道(胆管、胆のう)、各臓器の疾患に対し、手術治療を行っています。

食道

食道がんに対しては、右開胸・開腹・頚部切開により、食道亜全摘と徹底したリンパ節郭清を行い、生命予後の向上に努めています。がんの進行度に応じて、抗がん剤による補助治療をお勧めすることがあります。

リンパ節転移のない早期胃がんに対しては、「胃癌治療ガイドライン」と「内視鏡外科診療ガイドライン」に準じて、腹腔鏡手術(創の小さい手術)を行っています。
腹腔鏡手術の適応とならない胃がんに対しては、開腹による2群リンパ節郭清を伴った胃切除術(胃全摘術)を基本術式としています。最終的ながんのステージがII以上の場合は、抗がん剤による補助治療をお勧めすることがあります。

大腸

リンパ節転移のない早期大腸がんと進行大腸がんの一部に対しては、「内視鏡外科診療ガイドライン」に準じて、腹腔鏡手術(創の小さい手術)を行っています。
腹腔鏡手術の適応とならない大腸がんに対しては、開腹による3群リンパ節郭清を伴った手術を基本術式としています。最終的ながんのステージIII以上の場合や、ステージIIの一部の患者さまには、抗がん剤による補助治療をお勧めすることがあります。

肝臓

原発性肝がん(肝細胞がん、肝内胆管がんなど)や転移性肝がんの手術治療を中心に行っています。

膵臓

膵臓がんの手術療法(膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術など)を中心に行っています。

胆道

胆石症に対しては、基本的に腹腔鏡手術を行っています。当院では、4孔式(1.2cm、1.0cm、0.5cm、0.5cmの4つの穴を開けて行う手術)を採用し、胆のう炎の程度に応じて単孔式(3cmの穴1つを開けて行う手術)を行います。
胆道の悪性腫瘍(胆管がんや胆のうがん)の手術治療も行っています。

その他

急性腹症を中心に、緊急手術も多く行っています。急性虫垂炎に対しては、腹腔鏡手術で対応する場合もあります。

肛門外科

外科疾患の中でも患者さんの要望が多い肛門疾患(痔核・痔ろう・直腸脱等)に対して、毎週土曜日に肛門外来を行っています。
薬物療法(飲み薬・塗り薬・座薬等)、注射療法、手術療法を患者さんの病態に合わせて治療にあたっています。できるだけ痛みがないように、できれば入院せずに済むように工夫しております。これらの病気は非常にデリケートな問題をはらんでおりますので、恥ずかしさに配慮することや体への負担が少なくなるようにいつも考えています。肛門疾患でお困りの場合はご相談ください。

研修施設等

当科は下記の学会より教育研修施設として認定され、専門性の高い医療を提供しております。

  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度関連施設
  • 日本胆道学会認定指導施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

患者さまへ

NCDについて

当科では、手術を受けていただいた患者さまの個人情報を除いたデータに基づいて、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の外科手術・治療情報データベース事業へ参加しております。
本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。全国の医療施設診療科の皆様からご協力をいただくことで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。また、本事業に登録していただいた症例のみを用いて、各専門医制度の申請が行われるようになりました。

臨床指標

消化器・一般外科手術件数

手術名2015年2016年2017年手術名2015年2016年2017年
成人ヘルニア根治術 93(1) 78(10) 99(31) 胆のう摘出術 77(76) 80(69) 103(101)
小児ヘルニア根治術 7 2 7 総胆管結石手術 2 3 2
急性虫垂炎手術 47(41) 69(63) 83(83) 脾摘術 2 2(2)
腹膜炎手術 22(5) 16(8) 16(1) 膵臓手術 16 18 23(3)
腸閉塞手術 25(3) 14(2) 19(6) >膵頭十二指腸切除 13 16 17
食道がん手術 1 - 8(7) >膵尾部切除  3  2  6(3)
胃がん手術 47(22) 46(20) 51(45) 肝臓手術 14 14 21(1)
>胃切除術 33(20) 29(14) 34(30) >胆管がん  1 4 3
>胃全摘術 14(2) 17(6) 17(15) >肝がん(原発・転移) 12 10 17
大腸がん手術 104(32) 108(64) 96(83) >良性 1 1(1)
>結腸がん手術 81(30) 98(62) 71(62) 肛門疾患 5 17 46
>直腸がん手術 23(2) 10(2) 25(21) 甲状腺手術 7 5 6
        ( )は腹腔鏡または胸腔鏡下手術
ページの先頭に戻る