診療科目・医療体制

神経内科

神経内科は、脳、脊髄、末梢神経から筋肉までの病気を扱う科です。具体的には、脳血管障害、認知症、片頭痛、てんかん、パーキンソン病などの比較的よくある病気から、脊髄疾患、末梢神経障害、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、多発筋炎、重症筋無力症などのまれな病気まで幅広い診療を担当しています。
当院は日本神経学会教育施設の資格を取得し、名古屋市南部の中核病院の一つとして救急医療から専門医療にわたり、各種神経疾患の診療をおこなっています。

担当医紹介

だいどうクリニック副院長,部長 服部学

神経内科・服部学.JPG

所属学会 日本神経学会、日本脳卒中学会、日本内科学会、
日本臨床神経生理学会
資格 日本神経学会認定神経内科指導医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本内科学会認定内科医
公職・その他 名古屋市立大学医学部臨床准教授
専門領域 神経内科全般

部長 匂坂尚史

所属学会 日本神経学会、日本内科学会、日本脳卒中学会
資格 日本神経学会認定神経内科指導医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本内科学会認定内科医
専門領域 神経内科全般

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
増田匡
医師
日本神経学会
日本内科学会
 
日本内科学会認定内科医 神経内科全般 
白石智子
医師 
日本神経学会
日本内科学会
日本感染症学会
日本リハビリテーション医学会 
日本内科学会認定総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
ICD制度協議会認定ICD 
神経内科全般
水野将行
非常勤医師
     

特色

【外来診療】

神経内科の外来には、頭痛・しびれ・歩行障害・ふるえ・失神発作・物忘れなどの症状でかかる方が多く、病気としては,脳梗塞やパーキンソン病などが多いです.神経学的診察、画像検査、血液検査、神経伝導検査、脳波、認知機能検査などにより診断し、治療を行っています。
脳血管障害の患者さんでは、MRアンギオ、エコー、造影CTなどから原因を評価し、再発に至らないように内科治療を行います。手術の必要な症例は大学病院などの脳神経外科にコンサルトし治療を行っています。
当院は、かかりつけ医との連携を大切にしており、ご紹介いただければ、スムーズに診察・検査が受けられます。当院で診断や治療方針を決定した後は、日常の診療はこれまで通り、かかりつけ医の先生にお願いし、経過フォローや病状の変化などにより検査や入院が必要な時は、当院で対応するというように,診療所の先生方との役割分担をしながら診療を行っています.

【入院診療】

入院診療においては、主に脳梗塞の急性期の治療を行っています。各種検査の結果で脳梗塞の原因を決定し、それに応じた治療を選択肢し、再発予防のために 危険因子の治療もあわせておこないます。当院には、理学療法士、作業療法士、言語療法士の脳卒中リハビリテーションスタッフも充実しており、入院早期からリハビリテーションを開始します。
脳梗塞の治療には、チーム医療が不可欠です。リハビリカンファランスを通じて、医師、看護師だけでなく、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーなど複数の職種が関わって、退院後の社会復帰、在宅生活が円滑に行くようにサポートしています。
当院での急性期治療後も引き続き充実したリハビリテーションが望ましいと判断される場合は、回復期リハビリテーション病院に転院できるようお手伝いします。

研修内容

必修ではありませんが初期研修2年目で選択実習が可能です。

臨床指標

脳卒中患者数 新規 約100名
入院患者の主な疾患名など 脳血管障害 パーキンソン関連疾患

年間症例数

取扱い症例2013年度2014年度2015年度
脳梗塞 154 175 179
てんかん 17 32 34
めまい 15 9 4
髄膜炎・脳炎 15 13 10
免疫介在性ニューロパチー 15 14 11
脳症・代謝性疾患 13 5 7
多発性硬化症 9 11 6
パーキンソン病 8 9 6
頭痛 5 1 6
頭蓋内出血 5 - -
不随意運動 5 - 1
パーキンソン類縁疾患 4 6 3
膠原病・その他の自己免疫疾患 3 2 -
重症筋無力症 2 1 -
脊椎疾患 2 1 4
脳腫瘍 1 2 1
筋ジストロフィー 1 - -
精神疾患 1 2 1
その他 3 14 23
ページの先頭に戻る