診療科目・医療体制

歯科口腔外科

歯科口腔外科では、地域の歯科医院・歯科診療所と連携して、口腔および周辺の外科的治療と患者さんの全身状態に配慮した歯科治療を担当します。

担当医紹介

主任部長 伊藤正樹

伊藤正樹医師

所属学会・学会役員 日本口腔外科学会、日本口腔インプラント学会、日本老年歯科医学会、日本障害者歯科学会、日本有病者歯科医療学会、日本歯科麻酔学会、日本口腔顔面痛学会、日本公衆衛生学会
資格 口腔外科専門医、日本口腔外科学会指導医、日本老年歯科医学会指導医、日本障害者歯科学会指導医、日本有病者歯科医療学会指導医、日本歯科麻酔学会認定医、日本口腔顔面痛学会指導医、外国歯科医師に対する臨床修練指導歯科医(厚生労働大臣認定)
公職・その他 日本口腔インプラント学会代議員、日本障害者歯科学会代議員、日本有病者歯科医療学会代議員、日本口腔顔面痛学会代議員
専門領域 口腔外科、口腔インプラント、障害者歯科

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
松原誠
医長 
日本口腔外科学会
日本口腔科学会
日本障害者歯科学会
日本環境感染症学会
日本臨床細胞学会
日本口腔内科学会 
日本口腔外科学会認定医
日本障害者歯科学会認定医

ICD制度協議会認定ICD
歯学博士 
口腔外科
口腔インプラント
障害者歯科 
片浦貴俊
医長
日本口腔外科学会
日本歯科麻酔学会
日本障害者歯科学会
日本口腔ケア学会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会
日本老年歯科医学会
日本歯科麻酔学会認定医
日本障害者歯科学会認定医
日本口腔ケア学会認定資格

口腔外科
口腔インプラント
障害者歯科 

対象疾患

埋状歯の抜歯、口腔インプラント手術、口腔領域の外傷、炎症、腫瘍、嚢胞(のうほう)、顎変形症、顎関節症、口腔粘膜疾患、唾液腺疾患ならびに有病者の観血的処置(手術)など幅広く行います。
障がいのある方に対する歯科治療の後方支援として、日帰り全身麻酔による歯科治療を行います。
総合病院の歯科口腔外科という特殊性を生かし、他科と連携し治療にあたります。

主な治療法

痛くない口腔外科手術

智歯(親知らず)の抜歯や口腔外科手術に対して、薬や笑気を使った鎮静法を用いて、痛くない手術を行っています。

口腔インプラント治療

顎の骨量が不足している場合は、インプラント術前骨移植、サイナスリフト、仮骨延長術を行うことができます。インプラント術前手術、インプラント手術ともに保険外診療(自費診療)になりますのでご了承ください。

顎変形症に対する外科的矯正手術

下顎前突症(受け口)などの顎変形症に対して、矯正歯科と手術を組み合わせた治療法を行います。咬み合わせを良くするとともに横顔のラインを改善する効果もあります。なお、術前の矯正歯科治療は当院と連携した矯正歯科医を紹介いたします。

口腔・顎・顔面の痛みや神経麻痺に対する治療

抜歯や歯科治療後に起こった不快な痛みおよび知覚神経麻痺に対する治療を行っています。また、原因が特定されない痛みの原因を調べ、関係各科と連携して治療に当たります。
顎関節症や舌痛症など、痛みを主体とする口腔疾患に対する治療を行います。

さまざまなニーズに対する歯科治療

歯科口腔外科では皆様のかかりつけ歯科医と分担して、さまざまなニーズに対して歯科治療を行っています。かかりつけ歯科医と相談した上で、当科を受診していただくことをお勧めします。

有病者(内科疾患)患者さんの歯科治療

心疾患・不整脈、脳血管障害、血液疾患、腎疾患で血液透析を受けている患者さんや抗血栓薬(血液を固まりにくくする薬)、ステロイド(副腎皮質ホルモン)、ビスホスホネート系薬剤(骨粗しょう症などの薬)などを服用され、一般の歯科医院で歯科治療が困難な患者さんに対して、抜歯や歯科治療を行います。
かかりつけ内科医またはかかりつけ歯科医からの紹介状をお持ちいただくようお願いします。

障がいのある方の歯科治療

全身麻酔による歯科治療を行っています。小児科、麻酔科のバックアップにより安全、快適、確実な歯科治療を提供します。日帰り(0泊1日入院)で全身麻酔歯科治療を行うことが多いですが、病状の重い方は2~3日入院していただく場合もあります。
その後の定期歯科検診はかかりつけ歯科医・歯科センターへお願いします。

歯科治療に恐怖心のある方、嘔吐反射の強い方の歯科治療

このような症状で通常の歯科治療が受けにくい方は、鎮静法により快適に治療を受けていただけます。

ページの先頭に戻る