診療科目・医療体制

麻酔科(ペインクリニック)

ペインクリニックでは頭痛、顔面・首・肩・腰・足の痛みなどの治療を行なっています。治療には神経ブロック療法のほか、鎮痛薬などお薬を使う方法やレーザーなどを用いる光線療法も併せて行なっています。また、顔面神経麻痺、突発性難聴、自律神経失調症など痛みを伴わない疾患も当外来の対象となります。

担当医紹介

常勤医8名が担当。詳しくはこちら

診療概要

診療体制

休日を除く月曜から土曜の午前中

治療方針

神経ブロック療法を中心に注射や内服薬などの薬物療法、キセノンや半導体レーザーなどを用いた光線療法も使用して患者さまのQOL向上のお手伝いをさせて頂いております。

その他

いずれの神経ブロックに対しても、より安全に行なうため、あらかじめ必要な血液検査を行ないます。
学会出席などで担当者の変更がありますことを御承知おきください。

主な神経ブロック

星状神経節ブロック

当外来において最も施行回数の多い神経ブロックです。頭部、頚部、顔面、上肢の痛みのほか顔面神経麻痺、突発性難聴など対して行なっています。
当外来では一ヶ月におよそ70件行っています。

硬膜外ブロック

おもに胸部より下の痛みに対して行なっている神経ブロックです。帯状疱疹による痛みや腰痛などに対して行なっています。また胸部、腹部、下肢の手術の際にも背中にチューブを留置する方法で術後の痛みを軽減しています。
当外来では一ヶ月におよそ40件行っています。

ページの先頭に戻る