診療科目・医療体制

膠原病・リウマチ内科

膠原病・リウマチ内科では膠原病を専門とする医師が勤務しております。全身性エリテマトーデス、血管炎などの疾患を専門的に診察しています。関節リウマチも豊富な治療経験があります。膠原病・関節リウマチでは関節だけでなく、肺・腎臓・皮膚など多臓器にわたって症状が出現することがあります。これらの状況を総合的に管理し、必要と考えられる時は院内の多数の科と連携し診療しています。

担当医紹介

部長 土師陽一郎

土師陽一郎先生

所属学会 日本内科学会、日本リウマチ学会、日本腎臓学会、日本透析学会
資格 日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本腎臓学会認定腎臓専門医
専門領域 リウマチ・膠原病、腎臓内科、内科

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
渡辺充
医師 
日本内科学会
日本リウマチ学会
日本腎臓学会
日本透析学会 
日本内科学会認定内科医 リウマチ・膠原病全般
竹本俊也
医師 
日本内科学会
日本リウマチ学会
日本静脈経腸栄養学会 
  リウマチ・膠原病全般
野村篤史
非常勤医師 
日本内科学会
日本リウマチ学会
日本腎臓学会
日本内科学会総合内科専門医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本腎臓学会認定腎臓専門医
リウマチ・膠原病全般
為近真也
非常勤医師 
日本リウマチ学会   リウマチ・膠原病全般

診療概要

外来での診察・治療を中心とし、患者さんやご家族と相談しながら個々人に最適化した治療を相談しながら行うことを心がけています。
診察は身体診察と血液検査が主になります。

対象疾患

関節リウマチ
全身性エリテマトーデス および ループス腎炎
全身性硬化症
皮膚筋炎・多発性筋炎
血管炎
脊椎関節炎(乾癬性関節炎を含む)
ベーチェット病
など

先進的な検査・取り組み

生物学的製剤・経口低分子化合物(JAK阻害薬)

生物学的製剤は日本国内で発売され関節リウマチへの使用が認められ2014年現在で12年が経過し現在7剤存在し、また2013年は経口低分子化合物であるJAK阻害薬が発売となりました。これらの薬剤の使用に関しては最新の知識と経験が必要とされています。それ以外の薬剤をしても調子が悪い患者さんご本人や使用を考えられる開業の先生方がいらっしゃればいつでもご相談ください。

免疫抑制剤

免疫抑制剤としては、メトトレキサート(リウマトレックス®)、タクロリムス(プログラフ®)、ミゾリビン(ブレディニン®)、シクロホスファミド(エンドキサン®)、アザチオプリン(イムラン®)、シクロスポリン(ネオーラル®)、ミコフェノール酸モフェチル(セルセプト®)など豊富な投与経験があります。
病気・病状に応じた最適な薬剤や量を選択することでステロイド減量効果や病状の安定化が図れます。

関節MRI検査

骨髄浮腫、X線では同定できない程度の骨びらんなどを同定することで関節リウマチの早期診断が可能になります。

関節超音波検査

関節リウマチにおける関節炎の早期診断やリウマチ性多発筋痛症の滑液包炎などの診断に非常に有用な検査です。検査に伴う痛みなどもなく一般の超音波検査(エコー検査)と同様に行うことができます。クリニックの生理検査室で検査が可能です。患者さんご本人が目で見て滑膜炎の活動性が分かるのも有用な点の一つです。

研修内容

初期研修では膠原病・リウマチ内科は必修とはされていませんが、希望されればローテーションも可能です。関節診察ができるようになること、膠原病の検査に関して理解して提出できることが到達目標となります。後期研修に関しても他院・他大学との連携も含めてご相談が可能です。

病診連携

関節リウマチや膠原病は早期発見・早期治療することにより予後の改善が期待できる疾患群です。クリニックにお罹りの患者さんで関節痛やリウマチ因子・抗CCP抗体陽性、抗核抗体陽性などがあればご紹介頂ければ専門的に診察いたします。

臨床指標

準備中です。

ページの先頭に戻る