診療科目・医療体制

形成外科

形成外科は、体表外科であり、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。

担当医紹介

中田実樹 非常勤医師

所属学会 日本形成外科学会、日本熱傷学会、日本レーザー医学会
資格 日本形成外科学会認定専門医
専門領域 形成外科一般

対象疾患

皮膚腫瘍外科

いわゆるおできを切除します。
ホクロ、粉瘤、石灰化上皮腫などの皮膚良性腫瘍に対して、傷あとが目立ちにくい切除と縫合を行います。術後にテーピングや遮光といった適切な後治療を行うことで3~6ヶ月ほどで傷あとは目立ちにくくなっていきます。
また、広汎切除が必要なSCC(扁平上皮癌)、BCC(基底細胞腫)などの悪性腫瘍については、植皮術や局所皮弁作成術を行い外見の醜状変形を予防します。
皮膚腫瘍切除の症例写真はこちら

瘢痕拘縮、ケロイド

ケガや手術後の傷あとがひきつれる、目立つという場合、内服や注射、外用での治療や外科治療、放射線治療などを用いて傷あとを目立ちにくくしていきます。
ひきつれが強かったり、傷が長くなるような場合には、切れ込みを入れて傷の方向を変えたりなじみやすくするZ形成術やジグザグに切開するW形成術を行い、傷あとがシワに一致して目立ちにくくなるような工夫をします。
肥厚性瘢痕・瘢痕拘縮の治療、外傷性刺青の症例写真はこちら

熱傷

皮膚が損傷された深さによって、軟膏、創傷被覆材、手術(デブリードマン、植皮)により出来る限り早い上皮化と傷あとの目立たない治癒を目指します。
比較的浅い熱傷であれば、適切な初期治療とセルフケアによって傷あとは目立たなくなっていきますが、深い熱傷の場合には植皮術を行います。また、ひきつれがおこった場合には瘢痕拘縮の手術に準じた治療を行っていきます。

陥入爪(巻き爪)

爪が刺さって痛い、肉芽が盛り上がって出血するといった陥入爪に対して、痛みが少なく根治性の高いフェノール法で治療します。

新鮮外傷

ケガ(切創、擦過創、咬創など)に対して、洗浄・縫合処置などで傷の修復と欠損部位の修正を行います。それなりに激しい損傷の場合でも、解剖学的に正しい位置に組織を戻していくことで、比較的目立ちにくい傷あとにすることが可能です。
新鮮外傷(犬咬創)の症例写真はこちら

褥瘡

除圧や体位交換などの生活指導をはじめ、軟膏での保存的治療、ポケット切開や植皮などの外科的治療を組み合わせて、集学的に治療していきます。

顔面骨骨折

鼻骨、頬骨、眼窩底(眼窩周囲・内側壁など)に対して、骨折に伴う変形や機能障害が残らないように、整復固定術を行います。

副耳・耳介奇形

副耳については適切なタイミングでの切除を行い、折れ耳、埋没耳、立ち耳などについては、矯正と手術を組み合わせて治療していきます。

四肢の先天奇形

多指症、合指症、多合趾症などに対して、手術による修正を行います。
多合趾症の症例写真はこちら

創傷管理

外科、整形外科、婦人科などの手術に関連した手術創感染や術後のヘルニアに関して、創感染管理やヘルニア根治術などを行います。
SSI の創傷管理の症例写真はこちら

眼瞼下垂

加齢やコンタクトレンズの長期装用などに伴う眼瞼下垂に対して、腱膜修正術などで下垂感や肩こり、頭痛などの関連症状の改善を行います。
先天性の眼瞼下垂に関しては、大腿筋膜移植による修正を行います。
眼瞼下垂の症例写真はこちら

ページの先頭に戻る