診療科目・医療体制

循環器内科

循環器内科は心臓と、脳血管以外の血管系の疾患を担当します。扱う疾患は多彩です。具体的には血圧が上昇する高血圧症、心臓を栄養する血管である冠動脈が狭くなったりつまったりする狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓のポンプの働きが低下する心不全、弁膜症、心筋症や、脈が乱れる不整脈などです。
心疾患の自覚症状としては階段などでの息切れ、胸痛、動悸などの典型的なものから全身倦怠感、吐き気、失神なども心疾患の症状である場合がありますので注意が必要です。このような自覚症状がありましたら早めの受診をお勧めします。
これらの疾患を正確に診断するために外来では問診を含む全身診察のほか胸部レントゲン、心電図を基本検査とし、必要に応じて心臓を体表から観察する心臓超音波や、運動負荷試験、24時間心電図を監視するホルター心電図、アイソトープという特殊な物質を用いる核医学検査などで精査いたします。また数日の入院により冠動脈や心臓の状態を正確に診断する心臓カテーテル検査、心筋の一部を採取する心筋生検、不整脈の診断のための電気生理検査などの高度な検査も可能です。
治療に関しましても最新の知見に基づいて治療方針を決定しています。昼夜問わず突然に症状が出現する疾患が多いこともあり、緊急の疾患に対しても24時間体制で対応いたしますのでご安心ください。

担当医紹介

部長 荒川友晴

荒川友晴医師

所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心電学会、日本不整脈学会
資格 日本内科学会認定総合内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本循環器学会認定循環器専門医
公職・その他 藤田保健衛生大学病院循環器内科非常勤助教、藤田保健衛生大学医学部学外実習担当講師
専門領域 循環器全般

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
坂口英林
医長
日本内科学会
日本循環器学会
日本心エコー図学会
日本心臓病学会
日本超音波学会
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本超音波医学会認定超音波専門医
循環器全般
橋本踏青
医長
日本内科学会
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
循環器全般
伊藤創
医師
日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会 
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会認定循環器専門医
循環器全般
鳥谷卓央
医師
日本内科学会
日本循環器学会
日本内科学会認定内科医 循環器全般

臨床指標

年間症例数 (外来患者を除く)

取扱い症例2013年度2014年度2015年度
狭心症、慢性虚血性心疾患 259 234 222
心不全 120 49 47
急性心筋梗塞、再発性心筋梗塞 39 67 71
不整脈 50 24 30
解離性大動脈瘤 13 10 3
拡張型心筋症 1 1 1

心臓CT検査のご案内

検査の適応

虚血性心疾患が疑われ、特に高脂血症、糖尿病など動脈硬化のリスクが高い方

検査の内容

日本では、心筋梗塞などの心疾患による死亡者数はがんに次いで第2位であり、年々増加傾向にあります。その要因としては、心疾患発症リスクを高める肥満など生活習慣病の潜在患者の多さや、心臓検診の普及の遅れがあると言われています。
従来心臓疾患の検査は、カテーテルを用いた侵襲的検査が一般的で、入院等が必要でした。しかし近年高性能なCTの登場で、外来検査で心臓周囲の冠動脈の狭窄等を知ることができるようになっています。心臓CT検査は、静脈から造影剤を注入してCTを撮影し、冠動脈の血管内プラークの有無・性状等について知ることができます。心臓カテーテルによる冠動脈造影の完全な代わりにはなりませんが、冠動脈の状況を知ることのできる検査です。検査は専門の放射線科医師または循環器内科医師が行ないます。不整脈・腎機能不全などを伴っていると検査ができないこともありますので、詳しくは専門の循環器内科医師の診察をお受けください。

ページの先頭に戻る