診療科目・医療体制

外科(一般外科,消化器外科,乳腺外科,女性外科,呼吸器外科,血管外科,肛門外科)

外科におきましては一般外科、消化器外科、乳腺外科、女性外科、呼吸器外科、血管外科、肛門外科を含んでおります

 

外科大同病院外科・だいどうクリニック外科では、幅広い分野での診療を、より高い水準を目指して行っております。治療に当たっては、患者さまに十分なインフォームドコンセント(説明、情報提供)を行い、安心して十分満足のできる治療を受けていただける様、つとめています。
また、最近はより侵襲の少ない腹腔鏡手術、胸腔鏡手術を積極的に取り入れ、長期の入院が困難な患者さんへは、日帰り手術や、一泊二日~週末での二泊三日入院での手術など、患者さんのニーズにお答えできるよう努力しています。胆のう結石の腹腔鏡手術や、自然気胸などの良性疾患の胸腔鏡手術、また鼠径ヘルニア手術(成人・小児)、肛門疾患手術(痔核・痔ろうなど)、静脈瘤手術、乳腺疾患手術、甲状腺疾患手術などでは術後早期の退院が可能です。入院日数に関しては担当医にご相談ください。

担当医紹介

だいどうクリニック副院長,外科主任部長,呼吸器・心臓血管外科主任部長 松山孝昭

松山孝昭医師

所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本肺癌学会、日本血管外科学会、日本クリニカルパス学会
資格 日本外科学会認定外科専門医、日本胸部外科学会認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の認定実施医
公職・その他 藤田保健衛生大学医学部客員助教
専門領域 呼吸器外科、血管外科、一般外科

院長  小谷勝祥

所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会
資格 日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本医師会認定産業医
公職・その他 名古屋大学医学部臨床教授
専門領域 消化器外科、一般外科

副院長,外科主任部長,消化器外科主任部長 宇野雄祐

所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本胆道学会、日本腹部救急医学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本静脈経腸栄養学会、日本救急医学会、日本外傷学会、日本外科感染症学会、日本Acute Care Surgery学会
資格 日本外科学会認定外科指導医、日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科指導医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡指導医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本乳癌学会認定医、日本胆道学会認定指導医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、ICD制度協議会認定ICD
公職・その他 名古屋大学医学部臨床教授、藤田保健衛生大学大学院保健学研究科客員教授、日本肝胆膵外科学会評議員、東海外科学会評議員
専門領域 消化器外科、一般外科、乳腺外科

乳腺外科部長,女性外科部長  山﨑由紀子

所属学会 日本外科学会、日本臨床外科学会、日本女性医学学会、日本乳癌学会、日本臨床腫瘍学会
資格 日本外科学会認定外科専門医、日本乳癌学会認定乳腺専門医日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、JABTS乳房超音波読影認定医
専門領域 乳腺外科、一般外科

内視鏡外科手術(小さなキズあとの手術)センター長,部長  渡邉克隆

所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本乳癌学会、日本大腸肛門病学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床外科学会、日本緩和医療学会
資格 日本外科学会認定外科指導医・専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科指導医・専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本乳癌学会認定医、
専門領域 一般外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
三宅隆史
医長
日本外科学会
日本消化器外科学会
日本胆肝膵外科学会
日本大腸肛門病学会
日本内視鏡外科学会
日本消化器病学会
日本臨床外科学会
日本腹部救急医学会
日本外科学会認定外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器外科専門医
日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ
読影認定医
日本医師会認定産業医
消化器外科
一般外科
乳腺外科 
三浦泰智
医師 
日本外科学会
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
日本腹部救急医学会 
日本外科学会認定外科専門医  消化器外科
一般外科 
倉部亜由美
医師 
日本外科学会
日本胸部外科学会
日本内視鏡外科学会
日本呼吸器外科学会
日本臨床外科学会 
  呼吸器外科
一般外科 
中川雅文
医師 
日本外科学会
日本臨床外科学会 
  一般外科
服部良信
顧問
日本外科学会
日本呼吸器学会
日本呼吸器外科学会
日本肺癌学会
日本内視鏡外科学会
日本循環器学会
日本胸部外科学会
日本臨床外科学会
日本ロボット外科学会
日本外科学会認定外科指導医・専門医
日本呼吸器学会認定呼吸器指導医・専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本胸部外科学会認定指導医
日本がん治療認定医機構認定暫定教育医
呼吸器外科専門医合同委員会認定呼吸器外科専門医
厚生労働省麻酔科標榜許可(麻酔科標榜医)
(藤田保健衛生大学医学部客員教授) 
呼吸器外科
血管外科
 

一般外科

成人および、小児鼠径ヘルニア(脱腸)、肛門疾患(痔核、痔ろう)、甲状腺疾患、皮下腫瘍などの手術療法、また一般的な外傷に対する治療を行っています。

消化器外科

消化器外科では、食道、胃、小腸、大腸(結腸、直腸)、肝臓、膵臓、胆道(胆管、胆のう)、各臓器の疾患に対し、手術治療を行っています。

食道

食道癌に対しては、右開胸・開腹・頚部切開により、食道亜全摘と徹底したリンパ節郭清を行い、生命予後の向上に努めています。癌の進行度に応じて、抗癌剤による補助治療をお勧めすることかあります。

リンパ節転移のない早期胃癌に対しては、「胃癌治療ガイドライン」と「内視鏡外科診療ガイドライン」に準じて、腹腔鏡手術(創の小さい手術)を行っています。
腹腔鏡手術の適応とならない胃癌に対しては、開復による2群リンパ節郭清を伴った胃切除術(胃全摘術)を基本術式としています。最終的な癌のステージがII以上の場合は、抗癌剤による補助治療をお勧めすることがあります。

大腸

リンパ節転移のない早期大腸癌と進行大腸癌の一部に対しては、「内視鏡外科診療ガイドライン」に準じて、腹腔鏡手術(創の小さい手術)を行っています。
腹腔鏡手術の適応とならない大腸癌に対しては、開腹による3群リンパ節郭清を伴った手術を基本術式としています。最終的な癌のステージIII以上の場合や、ステージIIの一部の患者さまには、抗癌剤による補助治療をお勧めすることがあります。

肝臓

原発性肝癌(肝細胞癌、肝内胆管癌など)や転移性肝癌の手術治療を中心に行っています。

膵臓

膵臓癌の手術療法(膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術など)を中心に行っています。

胆道

胆石症に対しては、基本的に腹腔鏡手術を行っています。当院では、4孔式(1.2cm、1.0cm、0.5cm、0.5cmの4つの穴を開けて行う手術)を採用していますが、胆のう炎の程度に応じて単孔式(3cmの穴1つを開けて行う手術)を行います。
胆道の悪性腫瘍(胆管癌や胆のう癌)の手術治療も行っています。

その他

急性腹症を中心に、緊急手術も多く行っています。急性虫垂炎に対しては、腹腔鏡手術で対応する場合もあります。

乳腺外科

乳腺外科では、乳腺に関する、さまざまな症状(しこり、痛み、乳頭分泌など)に対して診断を行い、治療方法をお示ししております。
当院はマンモグラフィー検診施設画像認定施設(A認定)であり、精度管理委員会の認定を受けた女性技師が撮影を担当、外来では読影認定医師が診察を担当しています。
乳腺超音波検査も女性技師が担当し、必要に応じて外来で担当医師が検査を施行しています。病変がみつかり精密検査が必要と判断された場合は、その場で細胞診検査や組織生検を施行しています。さらに画像評価が必要と考えられた場合は、乳腺専用コイルを用いた乳腺造影MRI検査を施行しています。
乳癌と診断された場合はご本人の希望を考慮して、よく相談したうえで治療方針を決定しています。手術に関しては乳房温存術、色素とアイソトープを併用したセンチネルリンパ節生検を症例に応じて施行しています。
また抗癌剤による補助化学療法が必要となった場合は、外来、入院のどちらでの施行にも対応しており、外来で行う場合は化学療法センターで専属のスタッフのもと安心して治療が受けられるよう工夫しています。
乳癌は年々増加傾向にあり、罹患率では女性の癌の第1位となっていますが、検診や新しい薬物の登場などによりその治療成績も向上しています。早期発見が良い治療成績に結びつきますので、乳房に異常を感じたり、検診で精密検査となった場合などは、早めの受診をおすすめします。気楽な気持ちで当院乳腺外来を受診してください。

女性外科

女性外科外来では、女性外科医が、痔、鼠径ヘルニア、下肢静脈瘤などを心配される女性の方を対象に診療を行います。治療が必要と判断された場合はそのまま外来医師が治療を担当するか、もしくは状況に応じて、専門の医師をご紹介させていただきます。外科にかかりたいけれど、最初は気楽に相談できる女性医師をご希望される方は、女性外科外来を受診してください。

呼吸器外科

呼吸器外科では、良性疾患(肺良性腫瘍、炎症性疾患、膿胸、自然気胸など)、悪性腫瘍(肺癌、転移性肺癌、悪性胸膜中皮腫)また縦隔疾患に対して、外科治療を行っています。また、手掌多汗症に対する胸腔鏡下交感神経遮断術も可能です。
胸腔鏡手術とは、肺・縦隔疾患に対する手術治療を、テレビモニター観察下に内視鏡的に行う方法です。通常の開胸手術と比較すると皮膚切開創は小さく低侵襲性である点が優れています。自動縫合器の進歩により、血管や気管支が処理できるようになり、肺癌に対する標準手術(肺葉切除・リンパ節郭清)も胸腔鏡手術で行なうことが可能となってきました。 当院では、胸腔鏡での肺葉切除の術前には、造影CTで3次元に再構成した肺血管イメージを参考に、より安全な手術を目指しています。
また、内科的に確定診断が困難な肺内小異常陰影では、胸腔鏡下でもその存在確認が困難です。このような症例では胸腔鏡肺生検を行う直前に、CTガイド下で経皮的にマーキングを行ない腫瘤部分を切除・組織検査をすることで、小型肺癌の早期診断・治療が可能となっています。

血管外科

当院では心臓血管外科の手術は行っておりませんが、末梢血管の手術は積極的に行っています。心臓・大血管外科疾患の外科治療や、大動脈のステント内挿入術の適応のある患者さんは、希望される大学病院などへ紹介させていただきます。
動脈疾患では、腹部大動脈瘤の人工血管置換術、閉塞性動脈硬化症に代表される末梢動脈疾患に対するバイパス術に代表される外科治療、経皮的血管形成(バルーン拡張、ステント留置)を行っています。診断には、低侵襲な超音波検査、脈派検査、造影剤を使用しないMRIでの血管撮影検査などでスクリーニングの後、造影CTを行います。従来の血管撮影は、血管内ステント治療の際にはじめて行うことになります。
静脈疾患では、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼手術を開始しました。ただし、すべての静脈瘤の方で、血管内治療ができるわけではありません。静脈瘤の治療には、血管内治療だけでなく、従来から行われている、静脈抜去(ストリッピング)手術をはじめ、高位結紮や硬化療法などもあります。また最近は、蛇行した静脈瘤の切除の際、スタブ・アバルジョン法(Stab avulsion)といわれる、非常に小さい傷(1-3mm)で特殊な器具を使って静脈瘤を切除する方法を導入しましたので、傷が小さく皮膚縫合をしないためほとんど跡が残りません。血管内治療や静脈抜去手術などとこの方法を組み合わせることで、従来より確実に静脈瘤をきれいに治療することができるようになりました。外来での血管エコー検査、MRV(MRIによる血管撮影検査:造影剤は必要ありません)などで、患者さんにとって最も良い治療法を選択し提案させていただいています。

肛門外科

外科疾患の中でも患者さんの要望が多い、肛門疾患(痔核・痔ろう・直腸脱等)に対して、2016年6月から毎週土曜日に肛門外来を開設しました。
薬物療法(飲み薬・塗り薬・座薬等)、注射療法、手術療法を患者さんの病態に合わせて治療にあたっています。出来るだけ痛みがないように、できれば入院せずに済むように工夫しております。これらの病気は非常にデリケートな問題をはらんでおりますので、恥ずかしさに配慮することや体への負担が少なくなるようにいつも考えています。肛門疾患でお困りの場合はご相談下さい。

  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度関連施設
  • 日本胸部外科学会関連施設
  • 日本乳癌学会専門医制度関連施設
  • 呼吸器外科専門医認定機構関連施設
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設

患者さまへ

NCDについて

当科では、手術を受けていただいた患者さんの個人情報を除いたデータに基づいて、一般社団法人National Clinical Database (NCD)の外科手術・治療情報データベース事業への参加をしております。
本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。全国の医療施設診療科の皆様からご協力をいただくことで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性、などを明らかにすることができます。また、本事業に登録していただいた症例のみを用いて、各専門医制度の申請が行われるようになりました。

肺癌登録合同委員会について

当院は、2010年に肺癌に対する外科治療を受けられた患者さんの診療情報を肺癌登録合同委員会 第7次事業に登録し、全国および国際共同研究に貢献する予定です。研究計画書は、事務局である大阪大学 呼吸器外科のホームページにも掲載されていますので、必要な場合はご確認ください。


なお、個人情報の管理は厳重にしておりますので、ご理解お願いします。
ただし事業と研究への参加を拒否される場合はご連絡ください。拒否の申し出のある患者さんの診療情報の登録は致しません。
ご協力よろしくお願い致します。

臨床指標

手術件数

 2014年2015年2016年
全手術件数 723 781 775
全身麻酔手術数 495 553 562
腰椎麻酔手術数 65 45 49
局所麻酔手術数 163 183 164



手術名2014年2015年2016年手術名2014年2015年2016年
成人ヘルニア根治術 91(9) 93(1) 78(10) 肝臓手術 14(2) 14 14
小児ヘルニア根治術 5 7 2 >胆管がん - 1 4
急性虫垂炎手術 49(38) 47(41) 69(63) >肝がん(原発・転移) 14(2) 12 10
腹膜炎手術 3(2) 22(5) 16(8) >良性 1
腸閉塞手術 17(2) 25(3) 14(2) 肛門疾患 6 5 17
食道がん手術 4 1 - 乳がん手術 30 33 32
胃がん手術 41(14) 47(22) 46(20) 甲状腺手術 7 7 5
>胃切除術 19(10) 33(20) 29(14) 肺切除術 50(48) 58(56) 54(48)
>胃全摘術 12(4) 14(2) 17(6) >肺がん(原発・転移) 40(38) 43(42) 39(37)
大腸がん手術 75(30) 104(32) 108(64) >その他の肺切除 10(10) 15(14) 15(11)
>結腸がん手術 57(28) 81(30) 98(62) 自然気胸手術 19(19) 19(19) 18(18)
>直腸がん手術 18(2) 23(2) 10(2) その他の呼吸器手術 12(10) 6(3) 7(5)
胆のう摘出術 91(86) 77(76) 80(69) 静脈瘤手術 78(16) 86(75) 85(77)
総胆管結石手術 2(1) 2 3 他の血管手術 26(9) 32(11) 18(8)
脾摘術 4(3) 2 2(2) 他の全身麻酔手術 38 45 32
膵臓手術 15 16 18 ( )は腹腔鏡または胸腔鏡下手術
もしくは血管内治療
>膵頭十二指腸切除 11 13 16
>膵尾部切除 4 3 2
ページの先頭に戻る