診療科目・医療体制

眼科

総合病院の眼科を受診する最大のメリットは糖尿病や高血圧などの内科的疾患を持つ患者さま、腎臓透析を受けている患者さま、リウマチなど整形外科的疾患をお持ちの患者さまが他科を受診しながら安心して治療が受けられるということです。当科では白内障、緑内障、網膜剥離、糖尿病網膜症の手術を行っています。白内障手術は日帰りも可能です。加齢黄斑変性に対する治療も行っています。

担当医紹介

診療責任医師 鈴木識裕

鈴木識裕医師

所属学会 日本眼科学会、日本眼科医会、日本網膜硝子体学会、日本涙道・涙液学会
資格 日本眼科学会認定眼科専門医 
専門領域 網膜硝子体疾患、白内障

 

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
高瀬範明
非常勤医師
日本眼科学会
日本眼科医会
日本網膜硝子体学会
日本糖尿病眼学会 
日本眼科学会認定眼科専門医 網膜硝子体疾患
白内障
眼瞼下垂 
吉田宗徳
非常勤医師
日本眼科手術学会
日本眼科医会
日本眼科学会
日本網膜硝子体学会
日本糖尿病眼学会
日本眼炎症学会
米国眼科学会(AAO)
日本眼科学会認定眼科専門医
日本眼科学会認定指導医
(京都大学医学博士)
(名古屋市立大学病院教授)
網膜硝子体疾患
ぶどう膜炎
川村里恵
非常勤医師 
日本眼科学会
日本眼科医会
  眼科疾患全般

重症な患者様は、名古屋市立大学病院教授 吉田宗徳医師の執刀で手術を行っています。

診療概要

治療方針

画像を用いて、よりわかりやすく、懇切丁寧に病態をご説明し、現在選択できる治療方法の提示をさせていただき、ひとりひとりに合わせた、より良い治療方法を患者さまと一緒に考え、その時点で一番良いと思われる治療を行っております。

得意分野

白内障手術は手術時間20分程度で、日帰り、入院どちらでも対応できます。 全身疾患のある患者さまは、入院で安心して手術に望んでいただけます。硝子体手術(糖尿病網膜症や網膜剥離に対する手術)、緑内障手術、眼瞼下垂症手術、網膜光凝固術、YAG laser(レーザー後嚢切開術)、SLT(隅角光凝固術)などにも力を入れております。

対象疾患

白内障、糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、網膜中心静脈閉塞症、網膜上膜、加齢黄斑変性、黄斑円孔、緑内障、眼瞼下垂症、眼瞼内反症、翼状片など

先進的な検査・取り組み

OCTといって網膜の断面図をみる最新の機器があり、一目で網膜疾患の病態をご理解いただけます。

現在、診療科で重点的に行っている疾患、治療方法、検査方法

滲出型加齢黄斑変性に対して、抗血管新生療法(アイリーア硝子体注射)を行っています。

臨床指標

年間症例数

取扱い症例2013年度2014年度2015年度
白内障、水晶体の疾患 262 463 553
網膜硝子体疾患 41 47 51
眼瞼、涙器、眼窩の疾患 - 39 53
緑内障 2 2 2

リンク先

ページの先頭に戻る